中部地方整備局:工事調達における総合評価落札方式の運用ガイドライン(令和元年8月版)を掲載

工事調達における総合評価落札方式の運用ガイドライン(令和元年8月1日)が公開されました。
※令和元年10月1日以降より公告される工事に適用

主な改定ポイント

  1. 実務経験や年齢にとらわれず、建設工事に従事する多くの技術者が活躍できる環境作り
  2. 建設から維持管理に至る企業の総合的な技術を活用
  3. 地域の実情に応じた柔軟な対応
  4. チャレンジ型方式を『標準的な入札方式(ガイドライン)』に位置づけ 地域の守り手の企業を拡大。
  5. 週休2日取組企業に対し評価項目を改定
  6. BIM/CIMを実施した企業の評価項目を設定
  7. 高度なマネジメント(PPP等)の経験者の評価

出典: 国土交通省 中部地方整備局ホームページ
オリジナルURL:  http://www.cbr.mlit.go.jp/contract/kouji/pdf/00_R1koujigaidorain20190801.pdf

シェア!

コメントを残す