建設業におけるホームページ活用のススメ Vol.4


ライター:漆畑 努

Googleなどで上位表示を狙うにはどんな工夫が必要か(基本編)

前回のコラムVol.3では、人材確保を目的としたリクルートサイトについてお話をしましたが、今回は検索順位の上位表示を狙うための工夫(基本編)について、お話させていただきます。

まずは、

ホームページを見る機会について

を、解説いたします。

ネット社会となった現代は、毎日のように何かのホームページを見る機会があります。例えば新聞の代わりにニュースサイトや天気予報サイト、そして辞書替わりにスマートフォンで調べたり。その際「GoogleやYahoo!」といった検索エンジンからスタートするケースが多いのではないでしょうか。

Google vs Yahoo!

皆さんは、ネットで何かを検索する際、Googleを使いますか?Yahoo!ですか?国内のシェアではGoogleがシェア75%と圧倒的です。Yahoo!が15%、残りは10%です。実は、国内のYahoo!は、検索エンジンがGoogleですので、Google対策をすることで、ほぼ全体の対策をすることになるわけです。

つまり、ホームページを知ってもらうためには、Google&Yahoo!の検索ワードで上位表示されることが、たくさんの方に見てもらうための近道となります。
このように、インターネットの検索結果でホームページを上位表示させたり、より多くの露出をさせることをSEO対策(検索エンジン最適化)と呼びます。

SEO対策(基本編)

ここからが今回の本題です。
ホームページをより沢山の人に見てもらうためには、SEO対策(検索エンジン最適化)が重要だとわかりました。
では、基本的に何から手をつけていけば良いのか?
その答えは、Googleが公開している以下の情報です。

Google公式: 検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

https://support.google.com/webmasters/answer/7451184

上記リンクは、Googleサポートサイト内にある、数あるガイドラインの中の、検索エンジン最適化(SEO)に関するガイドラインページです。
かつては、PDFデータとして公開されていましたが、最新版はWEBページのみの公開となっていますので、随時更新される形となります。
このガイドラインの情報は、とても重要なものばかりですので、皆さんも参考にしていただければと思います。

また、ガイドラインは自由に保存・印刷・共有しても良いそうなので、次回は、Google検索エンジン最適化(SEO)解説編 をお送りいたします。


漆畑 努 プロフィール

株式会社建設システムに入社後、自社ホームページの制作及び運営をはじめ 様々なサービスのホームページ制作を担当。 その後、自社ソフトウェア及びアプリのUIや各種Webサイト制作のプロジェクトに関わる。 2018年よりホームページ制作事業の責任者を担当。


TsunaguWeb

シェア!

コメントを残す