近畿地方整備局:「建設技術の新たな潮流」新規連載を開始

2019年8月23日に近畿地方整備局が発行した”近畿建設新技術活用通信「第5号」”より、「新たな技術潮流」と題して『建設技術における新しい技術の傾向』を紹介する新連載が掲載されています。
第1回目は写真を活用した人工知能(AI)導入事例として、トンネル工事における地山等級判定が紹介されています。

1.近畿建設新技術活用通信の構成
 (1)巻頭言「建設業とAI」京都大学名誉教授大西有三
 (2)新技術活用
  ①全国の新技術の活用状況(平成30年度)
  ②令和元年度推奨技術・準推奨技術の紹介
  ③現場で活用された好事例の現場レポート等
 (3)連載
  ①新たな技術潮流「建設業界への人工知能導入にあたって」
  ②i-Constraction 「ICT活用工事のさらなる普及促進」

出典:国土交通省 近畿地方整備局ホームページ
URL:https://www.kkr.mlit.go.jp/news/top/press/2019/20190823-1.html

シェア!

コメントを残す