施工自動化に向けてBIMデータと連携した自律走行ロボットを開発

イクシスと安藤ハザマは、建築工事での施工自動化装置の基盤となるBIMデータと連携した自律走行ロボットを共同開発した。ロボットが建物内のどこに位置しているかを高精度に認識できる。

サイト名: MONOist
オリジナルURL: https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1907/16/news046.html

シェア!

コメントを残す